スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『俺妹』リニューアル!!

アニメ公式サイトがリニューアルされました!!

そして早速キャスト情報が更新され…


ドキドキ…









。。。







高坂桐乃役:竹達彩奈





だよね。やっぱそうだよね。
このタイミングでドラマCDとキャスト変更とかあり得ないよね。
はぁ…

あっ、別にあやにゃんが嫌いとかじゃないですよ!!
むしろ好きな方です。たぶん。
けど桐乃かと言われると…


まぁ、まずはドラマCDを聞いてみましょう。
(ってまだ聞いてないのかよ!!ww)
つか早く6巻買わないと。
明日の仕事帰りにでもアキバへ行くとするか。



ってダメ社会人ww

『まよチキ!』3巻

読みました。

今回はスバル様成分が若干足りなかったですが、
新キャラのマサムネが可愛かったので全然OKです!!
やっぱどっか心に闇を抱えている登場人物って感情移入しやすくて好きですね。
(別に、僕がそこまで暗い人間だとかそんなんじゃありませんが。いや、暗いかww)
まだ3巻までしか発売されていませんが、『まよチキ!』はすごい安定しているんですよね。
毎回、しっかり面白いって思える感じがします。
たぶん、文章がすごい平易で読みやすいというところが一つの要因になっている気がします。

ラノベって、やたら設定凝りまくって、読みにくくなったり、
ようわからん用語を連発して読みにくくなったりしがちです。
けど、この作品はそういったこともなく、単純な設定が作品にリズムを作っていると思います。
ラノベはやっぱ読みやすいのが1番なんじゃないかと思います。
読むのにリズムがつくと、面白く感じるしね。(まぁ個人的な考えですが…)
だからと言って、難しい用語を使うなとか、厨二設定やめろ!とかそういうことじゃないです。
設定に凝りながらも読み易ければそれはOK!
つまり読みやすささえ損なわれなければいいんですよね。
ラノベってライトだからラノベなんだと僕は思うわけですよ。
それが文学との違いで、そこがいいところなんじゃないかな?
まぁ僕の浅い知識でこんなこと言ってるから異論はいくらでもあると思いますが…
(どんどん文句言ってください!!)

とりあえず僕は平易な文章こそがラノベの本質だと思うわけですな。
そして『まよチキ!』はそれに適ってると思います。
なんで僕は割と好きな作品です。

実は『まよチキ!』の作家さんって昨年の新人賞作家さんなんですよね。
どうやらそれまでにシナリオライターとかなんかやっていたわけではなく、
本当の意味で新人さんらしいです。
それでこの安定感!正直すごいと思います。
毎回ちゃんと山場があって、読んでいて飽きないし、
スピード感もあります。
本当に新人さんなのかな?
まぁ一つ注文を加えるなら、
もう少しサービスシーンをサービスしてもいいんじゃないかと思います。
あれを楽しみに読んでいるラノベ読者って多いと思うんですよね。
あと一歩欲しい!!!
特に今回の3巻は、さっき「スバル様成分が足りん!!」と言いましたが、
そういうことです!!
やっぱこの作品は誰よりスバル様が赤面して上目づかいを仕掛けてくるとこが魅力なんですよ!!

…もっとそういうの欲しかったっす。。。
最後に、もうひと押し欲しかったです。
スバル様…


まぁ僕はお嬢様が好きなんですがねww
あれ?なんか俺の好きなキャラって結構まばらじゃね?
まぁいっかww





ってかまた俺アホなこと言ってるよww


『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

まぁそのうち発表されるんだろうなと思っていました。



『俺妹』






アニメ化決定!!!!



「またこんなネタかよ!!」って思っている人ごめんなさいww

先月にドラマCDが発売され、
半年以内には発表来ると思っていましたが、
まさかこんなに早く発表されるとは…


嬉しい限りです!!


さてさて、『緋弾のアリア』では妄想キャストを発表したわけですが、
『俺妹』に関してはドラマCDが出ているので割愛。
正直、桐乃はあやにゃんではないような気がする。
(まだドラマCD聞いてないからなんとも言えませんが。。。)
…なんかドラマCDのキャスト合ってないような気がするんだよなぁ…
まぁ聞いてないですけどww

なんでやっぱ妄想キャスト考えますww
高坂桐乃:平野綾  ←違うかww
高坂京介:中村悠一(ドラマCDと一緒)
黒猫:悠木碧
沙織:喜多村英梨  ←やらせてみたいw
麻奈美:花澤香菜(ドラマCDでは黒猫。しかしこっちだろ!!!)
あやせ:伊藤かな恵  
加奈子:田村ゆかり(ドラマCDと一緒)


なんつーか、自分の想像力のなさに涙ww
誰かもっといいキャスティング考えてください!!
(またハルカス入ってないwwハルカス桐乃説もありな気がする)






『俺妹』はどんな内容かと言いますと、
まぁ生意気な妹(本当は兄ちゃん大好き)のために兄貴が頑張っちゃう話です。

今回もテキトーww














実は僕、















妹萌えなんです!!!!!!


なのでアニメすっごい楽しみです。
もうそれだけです!
妹萌えなので楽しみなんです!!


桐乃みたいな妹になら振り回されてもかまいません!!
むしろ振り回されたい!!!
はぁ、妹落ちてないかな…






ってなんかしょうもない記事を書いてしまったww

『緋弾のアリア』

待っていましたこの時を。


『緋弾のアリア』


アニメ化決定!!!


素直に嬉しいですね。
最近読んでいるライトノベルの中ではかなり面白いと思える作品です。
内容はMF文庫Jお得意の

「バトルラブコメ」

主人公の男の子(特殊能力持ち)とヒロインのツインテール美少女(ツンデレ)が
悪の組織(?)と毎回ドンパチやりながら愛を育んでいくお話です。


かなりテキトーな説明ですww


ちなみに原作は現在6巻まで発売中でコミックの第一巻が先日発売されました。
原作のクオリティーは相変わらずながら、
コミカライズも結構ハイクオリティーです。

周囲にも結構勧めているのですがみんな読んでくれません。
だからこの場を借りて言おう!!
「是非読んでみてくれ」と。


自分が注目していた作品がアニメ化されるのって嬉しいですよね。
『緋弾のアリア』は発売された当初から注目していたので感動も一入です。
まだ詳細は何も明かされていませんがどうなるんでしょうか。
製作会社次第で大きく成長する要素を含んでいるので期待です。
あとキャストも今から妄想が止まりません。

ちなみに製作会社はJCがいいです。(超電磁砲クオリティーで!)
キャストは
ギンジ:岡本信彦
アリア:釘宮理恵(他に思い浮かばない…)
白雪:花澤香菜
レキ:悠木碧
理子:田村ゆかり
ジャンヌ:水樹奈々
カナ:田中理恵
武藤:置鮎龍太郎
不知火:甲斐田ゆき
平賀:豊崎愛生

やべ。自分の好きな声優しか入ってないww
ただアリアに関してはちょっと「またか!」って感じになってしまう。。。
誰か他にいねぇかな…

つか異論は激しく認めます!!
むしろこれを読んで突っ込みなんか入れてくれると嬉しいですね。

まだいつ放送かはわからないけど、めっちゃ楽しみです!!
早くはじまってくれー!!!!!!

P.Sみんな読んでね☆


バカとテストと召喚獣

全巻読破しました。

本編7巻、短編集3巻の全10巻。
うん、面白かった。

現在、アニメがテレビ東京系列で放映中で毎週欠かさず視聴していますが
僕は原作の方が面白いなと感じました。
アニメはパロディで笑いを取ることがメインになっていますが、
原作はおバカな会話とそのテンポが実に面白いです。

正直パロネタで笑いを狙うアニメは二番煎じどころか三番煎じ、四番煎じで新鮮味がないです。
(まぁそれでも面白いことは面白いのですが…)
そして原作を読んでみて感じたのですが、まったく良さが活かされていない。
先述しましたが、原作は本来おバカを楽しむものであったはずです。
そしてそのおバカさは明久たちの会話にあり、その会話がバカテスの本来の良さであると思います。
しかし、アニメではその会話の部分が大きくカットされオリストメインの展開…
アニメは二次創作なのでオリストが悪いわけではありませんし、
それなりに面白いのでその点は評価されるべきだと思います。
しかし、原作の長所を活かせていないどころか、無視するのはどうにも納得いきません。
確かにパロは流行りなのかもしれません。
だけどせっかくの良さを失わせてまでやることなのか?
原作の良さを映像に起こすことができたらバカテスはもっと良い作品になっていたのかなと思います。
まぁあくまで私見なんですけどね…

うーん…
こんなこと書くつもりじゃなかったのになww

もうちょっと原作の内容にも触れておかなければ…

先に言っておきます。
僕は翔子が大好きです。
翔子たんかわいいよぉハァハァ
って感じです。

そんな翔子は原作でも雄二にゾッコンラブです。
もう好きすぎて殺したくなってしまうとはこのことなんじゃないかなと思うくらい猟奇的ですww
しかしそんな殺人ラブハンターこと翔子のたまに見せる乙女な姿にキュンキュンします。
傷つき涙を流す翔子。
雄二のために泣きながら謝りに行く翔子。
お詫びにチューをおねだりする翔子。

サイコーーーーーーーー!!!!!!!!!

べ、別に俺がMとかそいうんじゃないんだからねっ!!
むしろ普通ならあそこまでお仕置きされたら死にますwww
けどやっぱり恋する乙女翔子たんに僕はやられてます。
これはアニメ版でも変わらない気持ちです。好きです。

夢がお嫁さん。
サイコーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




…。





すみません。



興奮しすぎました。


さて、そんな翔子ですが原作では瑞希と仲良しになっています。
どうやら一生懸命な人が翔子は大好きみたいです。
あることをきっかけに二人はお互いを下の名前で呼び合うようになります。
とても印象的なシーンですね。
バカテスはこの場面だけでなく、登場人物同士の呼び方にとても気を使っている印象があります。
たとえば…

明久と美波
明久と瑞希(事情があり、明久は瑞希と読んでないけど…)

関係に変化が訪れるとき、呼び方にも変化があり、その描写を大事に描いています。
高校生くらいって名前の呼び方一つで、相手との間柄が変わってくるので、
その辺の心理が上手く書かれているなという印象を受けますね。
(そう思っているのは俺だけの可能性も…!?)
ただおバカな日常が描かれているのではなく、
バカテスはそういった高校生の恋愛だったり、友情だったりをしっかり描いています。
たぶんそこが人気作であることの理由の一つなんじゃないかなと思います。
だって高校生の関心ごとって恋愛と友人関係じゃない?
関心あることなんだからみんな興味持てるし、作品に入りやすいよね。
マンガとかラノベ、アニメ、あとドラマとかもだけど、
どんな作品が人気が出るかって言ったら、大きな要因の一つとして考えられるのはこういうことだと思う。

まぁつまりは
感情移入できるかどうか。
世界観でも、人物設定でも、相関図でもなんでもいいけど、
何か一つ入り込める要素がある作品ははまっていきやすいなぁって思う。

僕もこういう作品をこれから作っていけたらいいなぁなんて言ってみたりして、
今回の記事の綴目としたいと思います。


まさに駄文で失礼しますた。
プロフィール

kamyunyan

Author:kamyunyan
こんにちは。
社会人2年目。アニメと声優LIVEが大好きなヲタです。
いまのところなのはが神です。まだこれを越える作品はないと思っています。それとラノベ好きっす。シャナが未だに一番好きです。あと水樹奈々を愛してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。